我が家では去年、家じゅうの照明をLEDに変えました。
長寿命で電気代の安いLEDにすれば、かなり電気代が抑えられると思ったからです。
しかし、今年に入ってすぐのころ、リビングの照明がつかなくなってしまいました。
長寿命がウリのLEDなのに、こんなにすぐにつかなくなるのはおかしいと思い、購入した家電量販店に修理の相談したのです。

すると店員さんは、申し訳ございませんとすぐに謝ってくれました。
おそらく不良品なので、無料で新品と交換してくれるとのことでした。
しかし誤算だったのは、私がこのお店で購入した際のレシートと照明の保証書を失くしてしまっていたことです。
いくら不良品でも、さすがにこのお店で購入したという履歴がなければお店も新品と無料交換することはできません。
私は困ってしまいました。
不良品を販売したのはもちろんお店に非があると思っていましたが、レシートや保証書を失くしてしまったのは私の落ち度です。

仕方ないので新しいものを普通に購入しようかとあきらめかけたその時です。
店員さんが「お店のポイントカードはありますか?」と聞いてきました。
もしかしたら、ポイントカードから購入履歴を遡ることができるかもしれない、とのことでした。
私は頻繁にこのお店で買い物をしていたので、当然ポイントカードは持っていました。
照明を購入したときもポイントカードを使ったはずです。
店員さんにカードを渡すと、店員さんは「事務所で調べてきます」といって購入履歴を調べるために事務所に入ってゆきました。
しばらくすると購入履歴が割り出せたようで、店員さんが戻ってきました。
そして無料交換してくれたのです。

本来ならレシートも保証書もないので無料交換できなくても仕方ないのに、親切な店員さんで良かったです。
ポイントカードも持っていて正解でした。