ダイキン工業のDAIKINの文字は、日本よりもむしろアメリカの方が知られているのかもしれない。
空調機大手メーカーとして、2010年にはアメリカの最大手キアリアを抜いてDAIKINが世界1位になったのだ。

各家電メーカーがあらゆる商品を生み出している中、最も得意としている空調機を手掛けているのは消費者にとって大変頼りになるものだ。
言うなれば空調のプロフェッショナルの集団企業であるため、空調機、特にエアコンについては頼りになる企業と言える。
家庭用のエアコン「うるるとさらら」は加湿をしながら部屋を暖めたり、除湿をしながら涼しく部屋を保つ湿度をコントロールしたエアコンが特徴的だ。
業務用エアコンとしても国内シェアナンバーワンで、夏は涼しく、冬は暖かく、本当にありがたく思う。

また空気清浄器も有名で、ホコリに電気を帯びさせる電気集塵方式と、有害物質を酸化分解させるストリーマの技術が独自の技術として人気を得ている。

エコの観点もエアコンや給湯器にヒートポンプ技術を採用しており、熱を作るのではな空気中の熱を集めて利用しており環境にも配慮している。

またダイキンはエアコンを主流とし、修理サービスにおいても消費者にとってありがたいサービスを提供してくれている。
そのダイキンの修理サービスに焦点を当ててみたい。

ダイキンの歴史

ダイキン工業は創業当初は、内燃機関や精密機械、航空機部品の製造にあった。
1936年には鉄道車両用の冷房ユニットを製造しているのだ。
1951年には日本で初めてエアコンを開発した。
家庭用エアコンはパナソニックに次いで2位となっている。
ダイキンの元の社名は大阪金属工業である。
大阪の大と金属の金をとって今日のダイキンそしてDAIKINとなった。

日本での知名度もさることながら、世界のエアコンシェアの勝ち取っているグローバル企業だ。

エアコン修理のサービスが充実

エアコンは、今日私たちが快適に生活する上で欠かすことのできない家電製品のひとつとなっている。
夏は涼しく、冬は暖かくしてくれるエアコンは非常にありがたいものである。
空調機専門に取り扱うダイキンでは、そのエアコン風を直接あたりにくく設計された商品やストリーマー採用による自動的掃除機能を搭載など、私たちの生活に密着した機能が他の追随を許すことなくしているのだろう。

しかし使用状況や環境などにより不具合を発生することはある。
その故障や修理にダイキンは様々な修理サービスを提供している。

いつでも修理依頼ができる

例えば24時間体制の修理依頼受け付けだ。
商品の魅力と同じくらい魅力なのがこのダイキンの修理受付の対応力に良さである。
急にエアコンが動かなくなった場合やエアコンから異臭がするなど、修理が必要と思われるようなことがあった場合、いつでも相談できるようになっているのだ。

また空調専門のスタッフによるアドバイスなども受けることができる。
ダイキンのエアコンの掃除の方法やそれぞれの機能の説明などわからないことについて対応してくれている。

また休日や夜間などの出張サービスなどがある。
いつなんどきにでも故障すれば修理に赴く体制を備えているのだ。

これらはすべてダイキンが商品に自信をもっており、それでもエアコンが使えなくなって困ってしまう消費者のため、このようなサービスが設けられているのだ。

それでも対応できないような修理なら→ダイキンのエアコン修理